私の趣味の楽器演奏について

私の趣味は、楽器を弾くことです。一番好きなのは、ギターを弾くことです。もともと音楽を聞くことが好きで、最近まではロックにはまっていました。ロックは本当にギターの神髄だとは思いますが、段々と日本のロックスターが姿を消しているので寂しいです。今でもBzやゆずを聞いていると胸が熱くなります。
しかしながら、癒し系のメロディーのゆっくりした感じもいいと思っています。例えば、ジングルベルや赤とんぼがとても癒されます。ギターで弾くと3つの弦だけで弾けます。私は、温かいメロディーで満たされるのが好きなので。学生時代に聞いていた音楽では、同級生は忘却の空を何度も聴いている人もいたし、HIPHOPを熱心に聞いている人もいました。マニアックなグループでミサイルガールスクートという名のグループがいて不良な要素のあるHOPHOPを払拭した正統派な音楽でした。私はそんな彼に影響を受けてラッパガリヤや他の歌手を聴く事も有りました。私も一人で悩んでいるときは、ギターのレベルはまだ中級者程度ですが、完璧はないと思っています。
一人で学ぶだけでは、完成しないのが音楽であり、作家のような一人きりの世界で完成しないと思います。カラオケでストレス解消することもあり去年、月一回は行っていました。みんなでカラオケに行った時に思いっきり熱唱して、盛り下げてしまったことがあって、やっぱり私は一人でカラオケに行きたいと思いますが、そういう人も世の中にいると思います。限りなくギタリストとして私は成長したいと思います。カラオケ屋は今の時代は、いろいろな安いお店があり料金はどこも同じくらいだと思います。
いろいろなことを挑戦したいのですが、中途半端な状態なので少し結果を出せればいいなと思います。

車検 車査定

ろうけつ染めのイースターエッグを作ってプレゼントしています

子供のころから幾何学模様が好きで、いろいろな模様を見て楽しんできました。
出先の催事でたまたま出会ったろうけつ染めのエッグアートに魅せられ
運がいいことに体験レッスンをすることが出来ました。

小さな穴から卵の中身をすべて取り出し
内側も外側も綺麗に洗って乾かしたとても軽い殻。
持つだけでつぶしてしまわないかとドキドキしてしまいますが
扱い方に慣れてくると案外強いものだと感じています。

その殻に溶かした蜜蝋を乗せてデザインを描き、染料に浸ける…
それを何度も繰り返し色を重ねていき
最後にすべての蝋を溶かして剥がせば完成。
少しずつはっきりした色と描き上げたデザインが浮かび上がった時の感動は言い尽くせません。

それ以来ハマってしまい、今では作ったものを家族や友人にプレゼントしています。
昔は卵の殻を草木などの自然色で染めていましたが
今は化学染料でカラフルなイースターエッグを作ることが出来ます。
魔除けやお守りとして使われることも多く
「卵が割れるときは何かの身代わりになってくれた」と考える人もいるとか。
日本ではまだまだ知られていないイースター(復活祭)ですが
インテリアとして、気持ちの込めたプレゼントとして楽しんでいます。

走行距離 車査定

妊娠14週に入りました!

妊娠14週に入りました。14週っていうと胎盤がそろそろ完成することですが、これで赤ちゃんに直接栄養を送れるわけです!でも同時に、ストレスも赤ちゃんに行ってしまうそうです。母親の気持ちを赤ちゃんは感じ取るんですね。だから、一時的なストレスならともかく、母親が毎日強いストレスにさらされているような状態は良くないのだとか。私はちょっとしたことでストレスを感じてしまうので、気を付けよう…

つわりは相変わらずです。もうここ数日吐いていませんが、未だに偏食です。吐いていた頃に比べると、マスクをしないでも料理ができるようになりましたが、でもやっぱりまだ食べるのはつらい。買い物も比較的楽になりましたが、まだお肉やお魚などの匂いは吐き気を催してしまいます。でも先日、アニメを見ていたらそこにカレーライスが出てきたんです。とっても美味しそう!と思い、翌日はカレーにしてみました。もう2カ月ぶりくらいのカレー、美味しかった!幸い主人もカレー好きなので、野菜の摂取にはちょうどいいです。それ以外ではまだまだ野菜が食べられないので、毎日1食カレーにしてでも、野菜を食べるようにしていきたいです。早く何でも食べられるようにならないかなー。

ローン 車査定

はじめての簡単かつお出汁

子供が産まれて半年、そろそろ離乳食がはじまる。初めての味付けは出汁でつけるのが一般的だそう。夫婦ふたりの食卓には市販の出汁ばかり。鰹だしをとったのは小学生の家庭科の授業以来かもしれない。

赤ちゃんにとって、はじめて口にする味くらいはちゃんとしたものを作りたい。ネットや本で検索するよりもとりあえず、スーパーへ。調べると面倒くさくなってやらないような気がするから。買ったのはいつもの花鰹ではなく荒削りの出汁用の大袋。

家に帰り、片手鍋で水を湧かす。あらかじめ、ざるにキッチンペーパーを敷きすぐに出汁をこせるように準備する。湯が湧いたら一旦、火を止め鰹節を入れて1、2分弱火で煮る。後はこすだけ。洗い物も少ないし、準備も少ない。この方法ならしばらく続けられるかな。この出汁は2、3日は冷蔵庫で保つらしいので毎日、する必要もなさそう。大人用のみそ汁にも使え、鰹の風味が際立つおいしいみそ汁ができる。遅くに帰ってくると食欲のない夫も、みそ汁のおいしさにびっくりしたようだった。市販の出汁の素もそれはそれでおいしいが、風味は違ってくるみたいだった。子供も小さな口でぱくぱくと出汁のきいたにんじんを食べてくれる。

昆布もいれるとさらに美味しいとは思うけど、ものぐさな私にはそのもうちょっとの差が難しい。鰹だけの簡単出汁もまあまあおいしいのでこのまま継続、がんばろう!

車検 車査定

私のストレス解消法。一人飲みで料理も捗る!

主婦業とフルタイムパートを兼業する私にとって、毎日の食事作りは大切な仕事の一つです。

家族は皆仕事や学校で忙しく帰りも遅く、夕食の支度が間に合わないという心配はないのですが、全員の食事の時間はバラバラ。全員が揃うのは週に一日あるかどうかです。どうしても台所は片付かず、自分がのんびりする時間はあまりありません。

私の一番の趣味と言えるのは、美味しいものを食べる事。楽しくお酒を飲む事。帰宅後から就寝までのバタバタした時間を、なかなか帰って来ない家族をイライラしながら待っているのは、なんだかとても勿体無いと思った私は、その時間を楽しむ事にしてしまったのです。

台所に立つと、まずよく冷えたビールを一本開け、料理をスタート。テレビなどは余り付けず、音楽を流したりしながら夕食を作ります。自分で作るのですから、基本的には自分の食べたいものばかり。料理の途中の味見や、つまみ食いをおつまみにしながら一本飲み切った頃には家族の一人が帰ってきます。

家族は皆もう大人ですから、今日の出来事を話すような日もあれば、何か落ち込んだような雰囲気の日もあります。あまり私からは余計な事は言わず、楽しく作った料理を「お疲れ」の一言と一緒に並べてあげるのです。

夕食作りを、人の為だけに料理を作りただ待っているだけの時間ではない、自分の楽しみに変えた事で、私と家族の間にいい距離が生まれました。今日は何を作ろうかな。

輸入車 車買取

玉ねぎが嫌いな高校時代の友達

私が高校生の頃、まだ土曜日が午前中まで授業が行われる時代でした。
ある土曜日の放課後、昼食を通学路沿線にあるファミレスで食べようと友人と5人で向かいました。
私を含め4人は食べ物の好き嫌いがないので、メニューを見て「唐揚げ定食」「生姜焼き定食」などすぐに好きなものを決めましたが、残りの一人がなかなか決まらないのです。
「決まった?」と聞いても「これ、付け合せに玉ねぎついてるよね」と聞き返してきました。
彼女が玉ねぎが嫌いなことをそこで初めて知りました。
好きなものを選ぶというより嫌いな玉ねぎが入ってないこと重視でメニューを選んでたようです。
彼女が決まらないとオーダーできません。
「早く決めなよ」と急かすと、ページをめくった瞬間にこれというものが目に入ったようで、その瞬間にそばにいた店員を呼びオーダーしました。
彼女は店員に「ハンバーグ定食にする!」と言い出したので、「思いっきり玉ねぎ入ってるじゃん!」とみんなでつlっこむと「ハンバーグの玉ねぎ抜いてください」と言い出したので、強制的に唐揚げ定食に変更させました。
そんな彼女と最近会って食事した時、オニオングラタンスープを頼んでたので高校時代のこの話を思い出して言うと、全く覚えてないとのことでした。
あれだけ玉ねぎ嫌いって言ってたのにそれすら忘れてるなんてすごいと思いました。車買取 一括査定

薪ストーブの癒しタイム

私は小さい時から冬が嫌いでした。とっても寒さに弱いからです。子供は風の子なんて言葉がありますが、私の子供時代の冬の楽しみはこたつで丸くなってみかんを食べる事でした。まぁ親からは色々言われましたけれども。
そんな私ですが大人になって主人と結婚し、主人の故郷の田舎に住むようになってから冬になるのが待ち遠しくなったのです。それはリビングにあるヨツールの薪ストーブに火をつけることができるから。
寒くて静かな冬の夜、薪ストーブの前の座椅子にもたれて雑誌をめくる時が私の最高の癒しタイムなんです。薪のパチパチはぜる音を聞いていると日中の悩み事が綺麗さっぱり流れてゆく様な気がします。
ですが、この時間を確保するための薪の確保はまあまあの大仕事です。買ってくるのは簡単ですが、買った薪を使うのは来客時だけ。だって高いんですよ、薪って。1年以上は干さなければキレイに燃えてくれないので、日頃からせっせと薪割りだってやっております。薪に適したクヌギの木はなかなか手に入らないので、杉の木が多いのですが、それでも田舎故に何とか買わずに手に入る事に感謝です。
実家よりも数段寒さの厳しい現在の我が家ですが、今も目の前でゆらゆら揺れる炎に幸せを感じつつこの日記を書いています。
カーセンサーネット査定