理解するべきホワイトニングの副作用について

歯を白く保ちたいという気持ちは多くの人が持っていると思いますが、同時に副作用について理解しておく必要があります。ホワイトニングは、安全性の高い施術法ですが、副作用のリスクも考えられます。

ホワイトニングの副作用としては、知覚過敏が挙げられます。知覚過敏は、冷たいものや熱いものを口に含んだ場合に歯がしみる症状の事で、必ず知覚過敏が起きる訳ではないですが、ホームホワイトニングの場合に知覚過敏の症状が出やすくなります。日本人は、歯のエナメル質が薄いという特徴があり、副作用が生じやすいとも言われています。

知覚過敏は、基本的に時間の経過とともに解消されますが、ひどい症状が出た場合にはホワイトニングを中止し、フッ素入りの歯磨き粉を使用すると良いです。ホワイトニングの副作用として、まれに歯ぐきが痛む症状が現れる事があります。ホワイトニングでは副作用のリスクを抑える事が肝要ですが、副作用のリスクを軽減する場合には、1日のホワイトニングの時間と回数の規定をしっかり守る事が大事になります。

自宅でのホームホワイトニングの場合には、より歯を白くする為に規定の回数以上にホワイトニングを行う事や時間を大幅に延長する負担をかける事で、副作用のリスクが高まります。自宅でのホワイトニングを行う場合は、医師からの指示を忠実に守って行う事が、ホワイトニングの効果も感じる事が出来て、副作用に悩まされる可能性も少なくなると言えます。

歯垢除去する歯磨き粉ランキング|歯周病を予防して健康的なお口になろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です