看護師が転職してから困りがちなこと

看護師という仕事は引く手数多といえます。離職率の高い職業だからこそ、それだけ多くの案件がありますし、場合によっては三顧の礼で迎え入れられる事も。
しかし、案件が多いから楽かといえばそうではありません。看護師という仕事は、幅広い分野で活躍できるからこそ、転職先で苦労することが多いのです。今回はそんな看護師の転職後に困る事をピックアップしていきましょう❢

①人間関係の問題
これはどの職種でもある問題ですが、看護師という仕事は男女比率が特殊なこともあり、特殊な人間関係を築きがちになっています。一般的な病棟であれば単にそれで済みますが、より複雑なのが老健などの介護施設です。これは、看護師が少なく患者さんの生活を回しているのが介護士である一方で給与面で優遇されている看護師と対立構造が生じやすい点があるとされているからです。看護師からすれば、介護士より責任が重いのに、雇い主は介護士となるため、発言権が遮られるなんてこともあります。介護側からすれば自分たちが軸なのに、どうして給与は向こうが上なのかとなりやすかったりも。派閥が生まれる環境かどうかも関係しますが食場の空気を知っておかないと、その後上手く仕事をやっていけるかにかなり関係します。

②業務内容の違い
これも転職後に起きやすい問題ですね。仕事量を減らそうと思い、急性期病棟から慢性期に移ったという方、多いんじゃないでしょうか。しかし求められる看護が異なるためかなり大変です。それは当然といえば当然ですよね。命をつなぐための急性期と一人ひとりの人生を見る慢性期で異なるのは当たり前です。しかし、長年培ってきた看護の視点をずらすということは想像以上に大変な事ですから猛勉強が必要になります。

③施設全体の指針と自身の思いのギャップ
これも大きな問題となります。自身の看護観と他者の看護観がズレる事は仕事を進めにくくなります。前向きな議論でぶつかるならまだしも、そうでないのであればポジティブに看護を考えにくくなる事にも繋がります。そうすれば自分自身の働きやすさはもちろん、最終目標である、患者さんのより良い看護が果たされにくくなります。

これらが看護師の転職時に起こり得る問題です。これだけ聞くと転職は難しそうだなんて思うかもしれません。しかし、こういった問題は十分クリアできます。それは転職エージェントの活用です。転職エージェントは、転職のプロです。病院関係者ですら知らない情報をかなり詳しく聞くことができますし、自分だけでは知り得ない案件を手に入れる事ができます。ですので、もし転職を考えるなら、転職エージェントを使用してみる事がオススメです。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です