代理店と販売店はどこが違うの?

代理店と販売店。言葉としてはよく似ていますが、何が違うのでしょうか?中には販売代理店というような言葉もあるため分かりにくくしています。
端的に言って両者の違いはエンドユーザと売買を行った際、その当事者となるかならないかの違いです。これではよく分からないですね。一つ一つ具体的に説明していきます。
代理店とはあるメーカーの商品を販売する際に、そのメーカーの代理の立場で商品を紹介し販売促進活動を行います。もしエンドユーザがその商品を気に入って購入に至った場合、代理店は売買契約の当事者とはならず、あくまでメーカーが販売するための仲介を行います。そして一般的に仲介料(販売手数料)としてその成果受け取ることになります。商品はメーカーからエンドユーザに直接送られ、代金はエンドユーザからメーカーに直接支払われます。
一方、販売店はその商品のエンドユーザに対する売買の当事者となります。つまり売買契約を行うため、商品に瑕疵があった場合も自らの責任になります。一般的に商品をメーカーから仕入れ、自らの責任で値付けを行い、販売が好調なら売上・利益が上がり、低調なら売上・利益が下がることになります。また場合によっては在庫を自ら抱えることにもなります。更にエンドユーザからの代金回収責任を生じますので、販売が好調でも回収できないこともあります。
両者では販売店の方がリスクが大きく、代理店の方がリスクが小さいと言えます。しっかり儲けようと思えば販売店ですが、自らのビジネスをどのようなモデルにするかを考えて選択することになると考えます。
NURO光 アシタエクリエイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です