激辛料理と安眠

唐辛子好きですか?

私は結構好きな方です。

中華料理や韓国料理は週に4回は食べています。

あと、休日はちょっと遠くに出かけてタイ料理やインドカレー屋さんにも挑戦したり。

基本的に料理が赤いものばっかりですね。

でも、あの辛さが病みつきに。

唐辛子は温熱作用が高く、食べると体がポカポカしてきます。

冬はそれだけであったくなりますし。

夏も汗を大量にかくので食べた後、お風呂に入るとさっぱりできて好きです。

ほかにも血行の促進などの効果もありますが、食べ過ぎには注意。

激辛料理を食べた後のお通じは結構ヤバいですね。

まあ、便秘対策にもなりますが・・・

あと考えないといけないのが唐辛子料理を食べた後の興奮で眠れなくなること。

唐辛子はもちろん、激辛料理はスパイスも大量に使うので興奮作用が強いものも結構入っています。

このため、食べてすぐ眠ることができなく…

眠気覚ましにはいいのですが、夜寝る3時間か4時間前からは食べちゃダメな料理です。

逆に、夕方激辛料理を食べて、その後はゆっくりと過ごし、ちょっとぬるめのお風呂に入って体温をある程度高めに保ち、

寝る1時間から2時間前あたりからゆっくりと体温が下がるように調整するとぐっすりと眠れるようになります。北の大地の夢しずく Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です