玉ねぎが嫌いな高校時代の友達

私が高校生の頃、まだ土曜日が午前中まで授業が行われる時代でした。
ある土曜日の放課後、昼食を通学路沿線にあるファミレスで食べようと友人と5人で向かいました。
私を含め4人は食べ物の好き嫌いがないので、メニューを見て「唐揚げ定食」「生姜焼き定食」などすぐに好きなものを決めましたが、残りの一人がなかなか決まらないのです。
「決まった?」と聞いても「これ、付け合せに玉ねぎついてるよね」と聞き返してきました。
彼女が玉ねぎが嫌いなことをそこで初めて知りました。
好きなものを選ぶというより嫌いな玉ねぎが入ってないこと重視でメニューを選んでたようです。
彼女が決まらないとオーダーできません。
「早く決めなよ」と急かすと、ページをめくった瞬間にこれというものが目に入ったようで、その瞬間にそばにいた店員を呼びオーダーしました。
彼女は店員に「ハンバーグ定食にする!」と言い出したので、「思いっきり玉ねぎ入ってるじゃん!」とみんなでつlっこむと「ハンバーグの玉ねぎ抜いてください」と言い出したので、強制的に唐揚げ定食に変更させました。
そんな彼女と最近会って食事した時、オニオングラタンスープを頼んでたので高校時代のこの話を思い出して言うと、全く覚えてないとのことでした。
あれだけ玉ねぎ嫌いって言ってたのにそれすら忘れてるなんてすごいと思いました。車買取 一括査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です